FXトレーディングの基本 季節ごとの動き

FXトレーディングの基本 季節ごとの動き

季節によって、ある程度の動きと言うのは決まってきます。

 

 

2・3月

この時期は、円を買う動きが目立ってきます。

 

機関投資家の資金も積極的に入ってくる時期ですので、一般的にはドル買いが強くなると言われています。

 

 

8月

お盆休みで取引が減ってきます。

海外のディーラー達も夏期休暇に入るため、取引量が少なく、その分値動きも少なくなる傾向があるようです。

 

 

11月

欧米の企業が決算に向けて、円などの外貨を売り、自国の通貨を買い戻す動きが始まります。

 

クリスマス前に会計作業を終わらせるために、11月下旬あたりからこういった動きの始まる傾向があります。

 

 

12月

盆休み以上に取引量が減ってきます。

また、海外の企業では決算前に大きな動きが起きるのを嫌いますので、基本的に値動きの少ない季節となる傾向があります。

 

 

もちろんこれ以外にも事件や事故、ニュースなどからの影響も通貨取引に表れる場合があります。

そのため、これだけを鵜呑にしてFXトレーディングに挑戦するのは危険ですが。

こういった流れが一年間にあるのだなと言う事は認識しておきましょう。

ただし、こういった動きはおおまかな事で毎年同じとは限らない上に事件や、その年々の出来事で変わってきます。

毎回あくまで鵜呑にしすぎて失敗しないようにする事もFXトレーディングをする上で大切でしょう。