FXトレーディングの基本 スワップポイントとは

FXトレーディングの基本 スワップポイントとは

スワップポイントとは、取引を行った際の二つの通貨の間の「金利の差」です。

 

例えば1ドルを100で、1万ドル分を買ったとしましょう。

 

その買いポジションを翌営業日まで持ち越した場合。

 

買ったドルには、(ドルを保有している訳ですから)その分の金利収入が入ります。

 

そして逆に、円については、1万ドル分相当の100万円を、証券会社から借りている(実際に100万円を入金している訳ではないですから、「借りている」という状態になります)ため、その分の金利を支払う必要があります。

 

 

高い方のドルを持っていますから、ドルの金利と日本円の金利との差を、毎日受け取る事が出来る。

 

これがスワップポイントです。

 

 

簡単に言うと金利の高い方の通貨を持っている場合、その金利の差額を毎日受け取る事が出来るという仕組みです。

 

 

この差額ですが、金額としては金利の高いと言われている英国のポンドを持っている場合でスワップポイントでの受け取りは、おおよそ1日あたり200円前後(2007年2月当時)となります。